/

この記事は会員限定です

シラスウナギ 国内漁獲、過去最低ペース 年初から5割高

[有料会員限定]

ニホンウナギの稚魚、シラスウナギの国内漁獲量が過去最低ペースとなっている。漁期は12月から4月までだが、全国の漁獲量は今のところ2トン未満と前年度の5分の1。土用の丑(うし)の日に向けて養殖業者は不足分を中国や台湾から輸入している。最大の消費地、日本での不漁を受けて東アジアの稚魚相場は1キロ250万円と、年初から5割値上がりした。稚魚の値上がりは小売価格の押し上げ要因になる。

「40年以上稚魚をと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン