/

この記事は会員限定です

地方自治体の未来は 山口県の村尾嗣政知事に聞く

[有料会員限定]

山口県の村岡嗣政知事(46)は2018年に再選を果たして2期目。旧自治省から北海道庁、高知県庁、広島市役所を経験し、いわば地方自治のプロと言える。人口減少や経済規模の縮小で地方自治体が置かれる立場は厳しい。山口でも18年度から行財政改革に取り組み始めた。村岡知事に地方自治体の未来と展望を聞いた。

――多様な自治体の現場を経験し、知事職も5年が過ぎた。これからの地方自治体はどうあるべきだと考えますか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り959文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン