/

この記事は会員限定です

中国が農産物輸入にカジ、世界に波紋も

(グローバルViews)

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

中国が大豆をはじめとした農産物の輸入拡大へとカジを切る。その年の政策の重要課題を示す「中央1号文件」で宣言した。きっかけは、世界経済を揺さぶる米中の貿易紛争。農産物輸入の大幅な拡大は中国の農業構造を長期的に変えるとともに、世界の食料事情に影響する可能性がある。

「農産品輸入ルートの多様化」を明記

毎年2月に公表する1号文件は、中国の経済と社会のアキレスけんである農業や農村問題を取り上げるのが通例。その中で、今年は「国内で不足する農産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

グローバルViews

いま大きく揺れ動く、世界経済。 自分か。自国か。世界か。このコラムでは、世界各地の記者が現地で起きる出来事を詳しく解説し、世界情勢の動向や見通しを追う。 今後を考えるために、世界の“いま”を読み解くコラム。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン