2019年5月22日(水)

ラグビー

釜石シーウェイブス、チームPRへ専門人材公募

2019/3/19 12:57
保存
共有
印刷
その他

岩手県釜石市を拠点にするラグビーチーム「釜石シーウェイブス」が、プロモーションの旗振り役となる人材の公募を始めた。高い専門性を持つ人材を募るため、兼業限定とする。釜石市も開催都市の一つとなるワールドカップ(W杯)日本大会に向けたPR活動を委ねる。

人材サービスのビズリーチ(東京・渋谷)と協力し、4月10日まで人材を募集中。9~11月のW杯中のプロモーションやスポンサー営業の支援、PR戦略の策定を任せる。桜庭吉彦ゼネラルマネジャー兼監督は「チームの価値を高めてもらえる優秀な人に来てもらいたい」と期待する。

シーウェイブスは社会人2部のトップチャレンジリーグに所属し、トップリーグ昇格を目指している。東日本大震災で釜石が被災し、チームも存続の危機だったが、全国のファンの募金などで活動を再開できた。

昨年はW杯会場となる釜石鵜住居復興スタジアムも完成。桜庭氏は「スタジアムを見に来る地元の人が増えるなどW杯の盛り上がりを感じる。大会後もスタジアムを満員にできるチームにしたい」と話している。(谷口誠)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

ラグビーチームや企業、自治体が集まりアイデアを出し合った(4月17日、千葉県浦安市)

 ラグビーワールドカップ(W杯)の公認キャンプ地、千葉県浦安市。4月中旬、トップリーグ所属のNTTコミュニケーションズシャイニングアークスの本拠地「アークス浦安パーク」で、フォワードの須藤拓輝(27) …続き (2:00)

ラグビーW杯日本大会に向けたPRイベントに参加する東京都の小池百合子知事(右)(12日、東京・銀座)=共同

 人材育成などのスポーツフィールド(東京・新宿)は東京・墨田の東京スカイツリーでラグビー体験会を開くためネットで小口資金を募るクラウドファンディングを始めた。全国のラグビーファンらに東京を代表する集客 …続き (21日 19:50)

 オーストラリア・ラグビー協会は21日、元同国代表で111キャップを持つジョージ・スミス(38)の現役引退を発表した。本人が声明で「とうとうこの日が来た。ここまで20年プロとしてプレーできて本当に光栄 …続き (21日 15:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]