/

医師国家試験、合格率89%にダウン 大学別の結果掲載

日経メディカル Online

厚生労働省は2019年3月18日、第113回医師国家試験(19年2月9~10日実施)の合格発表をした。今回の受験者数は1万146人(前回は1万10人)で、過去最高となった。このうち、合格者数は9029人(同9024人)、合格率は89.0%(同90.1%)と、2年振りに9割を下回る合格率となった。受験者のうち、新卒者は9176人で、合格率は92.4%(前回は93.3%)だった。合格者のうち、男性は6029人(合格率88.1%)、女性は3000人(合格率90.8%)で、合格者の33.2%が女性だった。

合格発表会場となった厚労省の講堂では、14時の発表とともに、受験者やその家族らが開始前方の長机に置かれた閲覧用合格者番号リストで合否を確認した。合否は厚労省のウェブサイトでも確認できる。

今回の合格基準は、(1)必修問題は一般問題を1問1点、臨床実地問題を1問3点とし、総得点が200点中160点以上(2)必修問題を除いた一般問題および臨床実地問題については、各1問1点として総得点が296点中209点以上(3)禁忌肢の問題選択数が3問以下――だった。

医師国試合格者に直撃インタビュー(1)
東京の大学で同級生だったY.Oさん(左)とS.Kさん。「記念に合格発表を見に来ました。どんなに大丈夫だと思っていても、いざ発表直前になるととても緊張しました」(Oさん)。
 2人とも滋賀県で初期研修を行う予定。Oさんは小児科、Kさんは麻酔科に興味があると言う。「立派な医師になりたいです」(Kさん)。
医師国試合格者に直撃インタビュー(2)
お姉さんと一緒に合格発表を見に来ていた自治医科大学の阿部真璃奈さん(右)。
 「自己採点で受かっているとは思っていたけれど、番号があって改めて安心しました」と話した。地元の岩手県で初期研修を行う予定。産婦人科や救急科などに興味があり、「医師としてバリバリ働きたい」と言う。

大学別の合格率を以下に掲載する。

国立大学の合格状況

公立大学の合格状況

私立大学の合格状況

(日経メディカル 増谷彩)

[日経メディカル Online 2019年3月18日掲載]

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン