/

新穂高ロープウェイで異臭 クマよけスプレー破裂か

18日午後3時10分ごろ、岐阜県高山市奥飛騨温泉郷神坂の「新穂高ロープウェイ」の職員から、「ゴンドラ内で異臭がし、気分が悪くなった乗客がいる」と110番があった。約10人が体調不良を訴えたが、すぐ快方に向かい、搬送された人はいなかった。高山署は、乗客が持っていたクマよけスプレーが破裂した可能性があるとみて調べている。

同署によると、当時、ゴンドラは鍋平高原駅から麓側の新穂高温泉駅に向かう途中で、客43人と男性ガイド1人が乗っていた。ゴンドラのドアの内側に黄色い液体が付着しており、スプレーが気圧の変化で破裂した可能性があるという。

新穂高ロープウェイのホームページによると、新穂高温泉駅と最上部にある西穂高口駅の標高差は約千メートル。

周辺には一時、救急車のほか、ドクターヘリも駆け付けた。

〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン