/

ブラジル政府、日本含む4カ国のビザ免除

【ワシントン=外山尚之】ブラジル政府は18日、日本や米国など4カ国の国民に対し、観光や短期商用の査証(ビザ)を免除すると発表した。これまでブラジルは相互主義の観点からこれらの国のビザ無し滞在を認めてこなかったが、1月に就任したボルソナロ大統領が方針を転換した。

ボルソナロ氏の訪米に合わせて発表した。6月17日以降、日本、米国、カナダ、オーストラリアの4カ国を対象に、観光や短期出張の際、ビザなしで入国できるようにする。ブラジルにはリオデジャネイロやイグアスの滝など世界的な観光地も多く、外国人観光客の増加につなげる狙い。

今回の決定は、ブラジルに進出する日本企業にとっても追い風となりそうだ。ブラジル日本商工会議所の土屋信司会頭(三井物産)は「両国の人的資源の往来を活性化させ、日伯の更なる連携を深め両国の貿易投資を飛躍させる大きな第一歩だ」と、今回の決定を歓迎した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン