尼崎中2自殺、いじめ認定 第三者委が報告書

2019/3/18 22:11
保存
共有
印刷
その他

兵庫県尼崎市で2017年12月に市立中2年の女子生徒(当時13)が自殺した問題で、市教育委員会の第三者委員会は18日、学校でのいじめを認め「いじめが自殺に影響を及ぼした」とする報告書を公表した。いじめに関する生徒のアンケート内容を担任教諭が放置したとも指摘した。

生徒が部活動内のトラブルを周囲に言いふらしたと勘違いした別の教諭が、自殺当日に生徒を厳しく叱責していたことも判明。第三者委は「自分を否…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]