/

この記事は会員限定です

三陽商、バーバリーショック下で勃発した増配論争

証券部 成瀬美和

[有料会員限定]

2018年12月期に3期連続の最終赤字を計上した三陽商会。15年に英国の高級ブランド「バーバリー」を失ったショックから抜け出せていない。再建を急ぐなか、28日に控える株主総会で投資ファンドから増配を求める株主提案が出た。手元資金が多く財務に余裕はあるが、再建中の増配は是か非か、株主間でも論争になっている。

株主提案をしたのはシンガポールに拠点を置くひびき・パース・アドバイザーズ。代表の清水雄也氏が米ファン...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン