/

この記事は会員限定です

福井知事選、保守分裂で県民困惑 政策に差なく

[有料会員限定]

任期満了に伴う福井知事選が21日に告示される。5選を目指す現職の西川一誠氏(74)、自民党推薦で前副知事の杉本達治氏(56)、共産党の金元幸枝氏(60)の3人が立候補を表明。保守が分裂し、業界団体などにも分裂の波が広がっているとあって県民も興味を示すが、保守の両氏がともに総務省(旧自治省)出身で、政策にも大きな違いが見られないため、戸惑いを隠さない有権者も多い。

16日午後、鯖江市文化センターで立...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン