/

広島空港民営化でセミナー 運営に興味の企業など参加

広島県空港振興協議会は18日、広島空港(広島県三原市)民営化に関する国の実施方針が公表されたことを受けて、同空港の運営権取得に関心のある企業などを対象にセミナーを開催した。地元企業や金融機関、大手不動産会社など約85社・団体が参加した。5月ごろに詳しい募集要項が公表され、2020年6月ごろに優先交渉権者が選ばれる予定。

国土交通省の職員が航空行政の現状などについて講演をしたほか、大学教授など有識者を交えたパネルディスカッションが行われた。関西外国語大学の引頭雄一教授は「広島空港の伸びしろや課題を共有できた。地域一帯で盛り上げる工夫がこれから必要となる」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン