2019年6月18日(火)

ハワイでリフレッシュして会議、JTBが旅行商品

2019/3/18 19:28
保存
共有
印刷
その他

JTBは4月から、仕事(ワーク)と休暇(バケーション)の両立を意味する「ワーケーション」を支援する商品を販売する。アウトドア事業を手掛けるスノーピークビジネスソリューションズ(愛知県岡崎市)と連携した。ハワイなどにワーケーション用の拠点を設け、まずは法人に社員旅行の一環などで販売する。今後個人向けの商品もつくる。

ハワイでのワーケーションを支援する商品を販売する

ワーケーションは自然の中で会議をすることで普段と違う発想が生まれるほか、社員同士のコミュニケーションが深まることなどが注目されている。日本航空などが会社の制度として導入している。

JTBは、ハワイでハリウッド映画のロケ地としても知られるクアロア牧場や、アラモアナビーチパークなどをワーケーションができる拠点として旅行商品に組み込んで販売する。ワーケーション先ではスノーピークのテント内で会議をしたり、バーベキューをしたりして社員同士の交流を促す。クアロア牧場は1団体あたり1日5千ドルから借りられる。

ハワイのほか、グランドプリンスホテル新高輪(東京・港)の一角にテントを置いてワーケーション先として提供するプランなども設ける予定。21年までに60社に利用してもらうことを目指す。個人向けにも販売していく。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報