セブンイレブン、時短営業の実験21日開始 直営10店で

2019/3/18 19:03
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは18日、コンビニエンスストアの営業時間を短縮する実験を21日から始めると発表した。まず直営10店で始める。同社が時短の実験をするのは1号店を出した1974年以来初めて。実験を通じて24時間営業を取りやめた場合の売り上げなどへの影響を検証する。

【関連記事】きしむコンビニFC経営 加盟店の負担軽減急務に

売り上げや客数、収益の変化などを検証する

売り上げや客数、収益の変化などを検証する

まず21日から東京都足立区の「セブン―イレブン本木店」など直営10店を時短営業にする。同店では営業時間を午前5時~翌午前1時までの20時間とする。このほかの実験店では午前7時~午後11時までや午前6時~翌午前0時までの営業時間にする店舗もあるという。今後、実験店をフランチャイズチェーン(FC)店にも広げる。

時短営業店で売り上げや客数、収益の変化などを検証する。期間は未定だが短くとも数カ月超は実施する。

【関連記事】
セブンイレブン、24時間営業で対立 加盟店と本部
転機の24時間営業 コンビニ、一部加盟店の反対先鋭化
セブン、譲れぬ24時間営業 高収益モデル岐路に
コンビニ店主の団交認めず 中労委、再審査結果公表へ
[社説]コンビニの営業時間は実情に即して
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]