/

この記事は会員限定です

太陽光発電、「作りすぎ」を乗り越えろ

再生エネ 現場の悩み(3)

[有料会員限定]

太陽光発電の出力量が原子力発電所8基分に相当する九州。全国の2割弱の太陽光が集まるこの地域の悩みは発電量が増えてもすべてを使い切れないことだ。

JR博多駅から新幹線とタクシーで約45分。まるで海のように一面に並んだ太陽光パネルが姿を現す。芝浦グループホールディングス(HD、北九州市)が運営する「みやま合同発電所」(福岡県みやま市)だ。

敷地は東京ドーム7個分に相当する約33万平方メートルで、敷き詰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1019文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン