2019年6月17日(月)

6/17 4:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 中国マネー、不動産投資が急減速 米1~3月、7割減[有料会員限定]
  2. 2位: 中国「持久戦」銘柄が上昇 対米摩擦の奥の手透ける[有料会員限定]
  3. 3位: 「あいつらの力を借りよう」(ルポ迫真)[有料会員限定]
  4. 4位: AIで学習ペース配分 学習塾ドゥクエストがアプリ[有料会員限定]
  5. 5位: 投信手数料、一段と低下 個人の長期資産形成に追い風[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,900,945億円
  • 東証2部 71,459億円
  • ジャスダック 86,922億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.14倍 --
株価収益率13.84倍13.40倍
株式益回り7.22%7.46%
配当利回り2.07% 2.08%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,116.89 +84.89
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
21,030 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

6月14日(金)14:20

川内原発1号機が来年3月停止へ テロ対策施設遅れ[映像あり]

海運企業 タンカー襲撃受け中東の輸送体制見直し

6月14日(金)13:00

[PR]

スクランブル

フォローする

リース基準に揺れる市場、企業価値の見極めに甘さ
証券部 寺井伸太郎

2019/3/18 17:56
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会計ルールの変更が日本株市場を揺らしている。不動産など事業に使うリース資産を貸借対照表に計上する内容で、一部銘柄では収益力指標である総資産利益率(ROA)が約1割下がるなど大きな影響を与える。こうした銘柄の株価は弱含むが「従来の市場評価が甘かったのでは」との指摘もある。ルール変更は投資家に対し、真の企業価値を見極めていたかを突きつけている。

「今ごろ売るのは本質的な価値を分析していなかった証しで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム