自民名古屋市議、減税市議に暴言 神戸視察の懇親会で

2019/3/18 16:41
保存
共有
印刷
その他

名古屋市の河村たかし市長は18日の記者会見で、自らが代表の政治団体「減税日本」会派の名古屋市議会議員に対して自民党の藤田和秀市議が暴言を吐くなどした疑いがあると明らかにした。2018年11月に市議会の議会運営委員会が神戸市を視察した際、夜の懇親会で起きたという。

河村氏によると、懇親会には同委員会の市議や市職員らが参加。藤田市議は「クズ」などと発言したという。藤田市議は同日、記者団に「泥酔していたとはいえ、お騒がせして申し訳ない」と述べ、減税市議への暴言を認めた。

河村氏は「議会が公正に行われているか疑義がある」とし、議長に調査を申し入れたという。市議から市職員への暴言などがあったかについても関係者に聞き取り調査などを行う考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]