アップルの部品調達先、中国勢が初の2位 日米抑え
【イブニングスクープ】

2019/3/18 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=伊原健作】米アップルの機器生産で、中国企業の存在感が高まっている。同社がこのほど開示した2018年のサプライヤーリストを分析したところ、中国(香港含む)勢の社数の比率は20%強と過去最高となり、日本と米国を初めて上回り台湾に次ぐ2位に浮上した。従来のコスト面での強みに加え、技術力の向上が背景にある。米政府はハイテク分野で中国との対決姿勢を強めており、アップルにとっては中国企業に依存するリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]