服や靴「他人の印象気にしない」5割弱 楽天系調べ

2019/3/18 13:23
保存
共有
印刷
その他

服や靴選び「他人からの印象はあまり気にしない」人が5割弱――。楽天子会社の楽天インサイト(東京・世田谷)がまとめたファッションへの意識調査でわかった。選ぶ際に情報源についても「参考にしているものはない」との回答が4割強に及ぶ。消費者は自身の感性や懐具合から選んでいるようだ。

調査は1月28~29日にインターネットで実施した。全国の20~69歳が対象で有効回答数は1000人。ファッションに関する意識調査は初めて。

服や靴選びで誰からの印象を重視するかという質問には「他人からの印象はあまり気にしない」が48.9%で最も多かった。「パートナー(配偶者・恋人など)」の27.2%を引き離した。「(仕事関係以外の)同性の友人」(6.0%)が続いた。

複数回答を認めたファッションの情報源では「参考にしているものはない」が42.7%と1位だった。「インターネットサイト」(26.4%)、「日本の雑誌」(26.0%)や「身近な人」(17.7%)が続い。交流サイト(SNS)で最も多い「インスタグラム」は14.0%だった。

ただ、20代の女性に特化すると結果が変わる。ファッション情報源について61.8%が「インスタグラム」を挙げた。服や靴選びの必須ツールに化ける可能性もある。

月額レンタルなどサブスクリプションサービスの認知度は高まっている。「知らない、聞いたことがない」は46.4%で、回答者の過半は理解している。ただ「現在利用している」は2.9%と、普及はこれからだ。

ファッションの購入予算はアイテムにより異なる。アウターの平均は1万4887円と最も高かった。靴(1万332円)が次に多い。ボトムスは6148円、トップスが4437円、インナーは2677円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]