ワールド碁、熱戦スタート

2019/3/18 11:28
保存
共有
印刷
その他

囲碁の国際棋戦、ワールド碁チャンピオンシップ2019(主催・日本棋院、特別協力・日本経済新聞社)が18日午前、東京都千代田区の日本棋院で始まった。日本、中国、韓国のトップ棋士と国際予選の突破者の計8人がトーナメント1回戦に臨んだ。

第1戦に臨む井山裕太王座(中)(18日午前、東京都千代田区)

国内五冠を持つ井山裕太王座(29)は中国の江維傑九段(27)と対戦。ニギリで黒番になった井山王座が午前10時半に初手を打ち、世界一を決める熱戦がスタートした。

もう一人の日本代表である張栩名人(39)は黒番で韓国の申眞ソ九段(19)と対局している。持ち時間は各3時間。決勝は20日に打たれる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]