/

ドイツ銀、統合交渉を正式発表 コメルツ銀と

【ベルリン=石川潤】経営再建中のドイツ銀行は17日、同じ独大手のコメルツ銀行と統合交渉を進めていく方針を正式発表した。すでに両行は統合に向けた事前協議を進めているもようで、今後、最終判断に向けた交渉を加速させていく。統合が実現すれば欧州第3位の銀行グループが誕生するが、大規模なリストラを懸念する労働組合などが反対している。

ドイツ銀は同日発表した声明文で「コメルツ銀との協議を進めていることを認める」とした。これまでドイツ銀は単独再建を目指してきたが、収益力の回復がなかなか進まないなか、政府の後押しを受けて統合にカジを切ることにした。

ドイツ政府は経済の成長には力強い銀行部門が不可欠とみている。政府はコメルツ銀行の株式を15%保有しており、両行の統合によって競争力を高めたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン