窪田製薬、NASAと開発 宇宙飛行士の眼疾患を早期診断

2019/3/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

眼疾患の治療薬や診断機器の開発を手がける窪田製薬ホールディングスは、米航空宇宙局(NASA)と共同開発契約を締結した。宇宙に携行しやすい、世界初の超小型サイズの眼科用機器を作る。宇宙飛行士がよくかかる眼疾患の早期発見に用いる。研究開発費はNASAが全額負担する。

長期間宇宙に滞在した宇宙飛行士は、6割以上が視神経が腫れたり、眼球の一部が平たくなったりするなど、視力障害や失明のリスクを伴う眼疾患に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]