/

東武、指定席料を過剰徴収 券売機のプログラムミス

東武鉄道は17日、東武東上線池袋駅の改札内に設置した座席指定制の列車「TJライナー」の専用券売機4台にプログラムミスがあり、16日に利用した乗客91人から指定席券の料金計8900円を多く徴収していたと発表した。

東武鉄道によると、16日から指定席券料金を360円に変更し、小児料金180円を新設。これに伴い券売機のプログラムを変更した際、誤って大人460円、小児230円と設定したのがミスの原因だった。

過剰に徴収したのは16日午後5時発の列車について、午後4時半から販売した分で、乗客からの指摘で発覚した。一部は既に返金した。東武鉄道は、利用客から申し出があれば、各駅で返金に応じるとしている。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン