2019年5月27日(月)

仏当局が音声記録回収成功 エチオピア航空機事故

ヨーロッパ
2019/3/17 15:34
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】エチオピア航空の最新鋭旅客機ボーイング737MAX8墜落事故で、ブラックボックスの解析作業を担うフランスの航空事故調査局(BEA)は16日、ボイスレコーダー(音声記録装置)のデータ回収に成功したとツイッターで明らかにした。

BEAはデータをエチオピアの事故調査当局に引き渡したと表明し、音声記録の内容は聞いていないと付け加えた。17日以降、引き続きフライトレコーダー(飛行記録装置)のデータに関する作業を続けるという。

エチオピアには解析に必要な人員や設備がないため、ブラックボックスはフランスに持ち込まれた。エチオピアは米航空機大手ボーイングの本社がある米国ではなく、利害関係がなく客観的だとして欧州の国を望んだと報じられた。BEAによると、米運輸安全委員会(NTSB)の調査官らも作業に立ち会っている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報