/

この記事は会員限定です

「世界の頭脳」に米中摩擦の影 ファーウェイ協力見直し

[有料会員限定]

米中対立の余波が米国の学術界にも及びつつある。中国企業による米国の先端技術窃取を警戒するトランプ政権と議会は米大学と中国企業の産学連携や、増加する中国人留学生にも矛先を向け始めた。中国と蜜月関係を築く米大学には戸惑いもあり、行きすぎた規制となれば「世界の頭脳」として研究をリードしてきた米大学の競争力にも影響しかねない。

「なぜ私たちのお金を返すのですか」。2018年12月、メリーランド大のマイケ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン