2019年6月21日(金)

NZ銃乱射、SNSに犯行声明 過激思想ネットで増幅

2019/3/16 18:03 (2019/3/16 22:40更新)
保存
共有
印刷
その他

【シドニー=松本史】ニュージーランド(NZ)のクライストチャーチで15日に起きた銃乱射事件は、過激思想がネットを通じて増幅し、瞬時に拡散する構図が改めて浮きぼりになった。逮捕された容疑者はネット掲示板などで情報収集し、交流サイト(SNS)に白人至上主義をうかがわせる犯行声明を投稿。襲撃時にはSNSで生中継をしていた。SNS時代のテロにどう向き合うかが問われている。

2つのモスク(イスラム教礼拝所)が襲撃され、49人が死亡した無差別テロの主犯格として逮捕されたのはオーストラリア国籍のブレントン・タラント容疑者(28)。警察は同容疑者が2つのモスクを1人で銃撃したと見ている。

同容疑者と同じ名前のツイッターのアカウントに投稿された声明は70ページを超え「侵入者らに我々の国が決して彼らのものにならないと示すために攻撃を実行する」など反移民主義、白人至上主義をうかがわせる文言が並んでいる。NZのメディアによると、同様の犯行声明がメールでアーダーン首相らにも送られた。

「インターネット以外の場所で真実は見つけられない」。犯行声明からは男がネットに依存し、その影響力を最大限活用、自らの思想を広く社会に発信しようとしていた姿が浮かび上がる。「(オンラインのシューティングゲーム)『フォートナイト』が私を殺人者になるべく訓練してくれた」とも説明。SNS上で17分間にわたって犯行を「生中継」したのもネットから着想を得ていた可能性が浮上する。

NZのアーダーン首相は逮捕された3人について「豪州でもNZでも前科はなく、監視対象者でもなかった」と明らかにしている。窃盗や恐喝などの犯罪を重ね、刑務所への出入りをくり返す中で過激派の思想に染まるかつてのテロ容疑者のイメージとは異なる。インターネット上での情報収集や連絡は、情報機関の捜査線上に浮かび上がりにくく、捕捉されにくい一面を持つ。

各地でテロをくり返す過激派組織「イスラム国」(IS)もSNSを通じて過激派予備軍を扇動しているとされる。昨年5月にISに共鳴するメンバーによって自爆テロが発生したインドネシアでは多くのイスラム教徒を抱えているが、信者の一部がネットを通じて危険思想に染まる例が後を絶たないという。

今回の容疑者は「8chan」と呼ばれる匿名のネット掲示板に事件予告と生中継のフェイスブックページのアドレスを書き込んだ。同サイトは匿名性が高く掲示板の話題は多岐にわたるが、過去には児童虐待やセクハラに加え、人種差別的内容の投稿がされ、有識者から問題視されたこともある。

15日の犯行後、同サイトでは容疑者の行動をたたえる極右主義者らの書き込みも散見された。今回の犯行が引き金となってさらに過激思想を増幅させる可能性もある。

オーストラリアの公共放送ABCは「捜査当局は今後、こうした(掲示板などの)情報を調べ、若い豪州人がネットを通じてどう過激化されていくかを探ろうとするだろう」と報じた。

今回の事件で容疑者の犯行声明や襲撃の様子を拡散したSNSは日々の利用を通じて個人の嗜好を把握し、その人に見合った情報を優先的に提示する人工知能(AI)システムを備えている。この結果として起こり得るのが、人が見たい情報だけしか見なくなり視点が極端に偏ってしまう現象だ。

11年にインターネット活動家のイーライ・パリサー氏はこうしたSNSを通じた情報選別を「フィルターバブル」と名付け、社会分断の可能性を指摘した。トランプ米大統領の一部の熱狂的な支持層も、SNSで同氏に批判的なニュースを遮断しているとされる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報