/

この記事は会員限定です

ぐらつく基軸通貨(分断の先に)

ドル VS. 人民元、ユーロ、円の行方は…

[有料会員限定]

基軸通貨ドルは、米国の繁栄に欠かせない要素だ。通貨の覇権を握る恩恵は大きい。だが、トランプ大統領には力の乱用が目立ち、各国にドル離れの機運が広がり始めた。中国も人民元の国際化に本腰を入れる。通貨の分断は市場にドル急落のリスクをもたらしかねない。

力の乱用 進むドル離れ~欧州・中東「ドル外し」貿易決済

1月末、ルーマニアの首都ブカレストで英独仏の外相が記者会見を開いた。打ち出したのは、米国の制裁対象となったイランとの貿易を継続する仕組みの設立だ。「取引を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り5197文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経ヴェリタス

経済・マーケットの今を深く知る。資産運用ビギナーから投資のプロまで、投資にかかわるすべての方に「確かなモノサシ」となる情報を発信します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン