/

この記事は会員限定です

サバ戦国時代、ビジネスも脂乗る 浜の活気に一役

[有料会員限定]

サバ関連ビジネスが活況だ。日本で一番とれる魚はサバ。大衆魚の筆頭格だが、最近は漁師らの努力で天然の生きたサバを都会でも食べられるよう流通が進化。さらに刺し身がおいしい養殖サバも全国各地で続々デビュー、漁師の所得向上や地域の活性化に一役買っている。サバ缶人気だけじゃない、脂が乗った魚ビジネスとなっている。

神戸市三宮駅すぐそばの海鮮居酒屋「土佐清水ワールド生けすセンター」。店の中央のいけすで大きなサ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1384文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン