JR「おおさか東線」全線開業 新大阪―奈良、最短52分
JR西日本、新駅「梅小路京都西駅」も開業

2019/3/16 11:00
保存
共有
印刷
その他

JR西日本は16日、大阪府東部を南北に結ぶ新線「おおさか東線」を全線開業した。新大阪駅と奈良方面を結ぶ「直通快速」を運行し、新大阪駅―奈良駅を最短52分、平均55分で結ぶ。従来よりも10分程度の時間短縮となり、奈良観光のさらなる活性化も期待される。1日約10万人の利用を見込む。

【関連記事】奈良人気、加速するか JRおおさか東線16日全線開業

おおさか東線が全線開業し、JR新大阪駅を出発する車両(16日午前)

おおさか東線が全線開業し、JR新大阪駅を出発する車両(16日午前)

同線は新大阪駅―久宝寺駅(大阪府八尾市)間を走る20.3キロメートルの路線。同日、新大阪駅―放出駅(はなてん、大阪市)間の北区間を開業した。放出駅―久宝寺駅間の南区間は2008年に先行開業した。

同日、新大阪駅で開かれた開業式典に出席した来島達夫社長は「大阪府東部の南北のネットワークがようやく整備された」と語った。放出駅から新大阪駅まで乗車した大阪市内在住の井上年雅さん(48)は「新大阪まで思ったより早く着き驚いた」と話した。

京都鉄道博物館前に開業したJR山陰線の新駅「梅小路京都西」(16日午前)=共同

京都鉄道博物館前に開業したJR山陰線の新駅「梅小路京都西」(16日午前)=共同

JR西は同日、京都駅西側に山陰本線(嵯峨野線)の新駅・梅小路京都西駅(京都市)を開業した。近くには京都鉄道博物館などがある。同社の三輪正稔京都支社長は「京都駅に次ぐ京都観光の『サブゲート』として機能させたい」と抱負を述べた。

【関連記事】
新大阪がハブ、企業集積厚く リニア視野に街づくり
奈良―夢洲に直通特急構想 近鉄、万博の出遅れ防ぐ
JR西日本 大都市路線、再編の始まり
「おおさか東線」 ものづくりの街貫く新鉄道ルート
京都市の梅小路京都西駅が開業へ JR西の嵯峨野線
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]