/

この記事は会員限定です

木の「医師」活躍、倒木リスク判断 台風や豪雨に備え

[有料会員限定]

木の生態や病気に精通した専門家「樹木医」の活躍の場が増えている。造園業者や自治体職員の取得が多い民間資格で、木の状態をもとに倒木のリスクを把握でき、減災に役立てようと台風や豪雨を受けて診断の依頼が相次ぐ。線路への倒木被害を防ぐためJR西日本が樹木医による社員研修を始めたほか、社内で資格取得を後押しする企業も出ている。(大畑圭次郎)

「強風で倒れる可能性が高そうだ」。堺市堺区の大浜公園で2月下旬、樹木医の資格...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1347文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン