2019年3月20日(水)

フォード、ドイツで5千人削減 ロイター報道

自動車・機械
ヨーロッパ
2019/3/16 2:24
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=深尾幸生】米フォード・モーターがドイツで5千人を削減することが15日わかった。ロイター通信が報じた。フォードが1月に発表した欧州での大規模なリストラ策の一環で、販売不振のミニバン「C―MAX」の生産を中止するのにともない希望退職を募る。

フォードは販売不振のミニバンの生産を中止するのにともない、希望退職を募る=ロイター

フォードはドイツではケルンとザールルイで完成車を生産している。ザールルイでのC―MAX生産をやめ、人気が高く、利幅も大きい多目的スポーツ車(SUV)などを重点的に販売する。英国では現地本社を金融事業の本社と集約することで人員を削減するが、人数は未定という。

フォードは1月、フランスの小型変速機工場の閉鎖や、収益性が低い車種の生産を打ち切るリストラ策を発表していた。

フォードの欧州自動車事業の2018年12月通期の本業で稼いだ利益(EBIT=利払い・税引き前利益)は3億9800万ドル(約440億円)の赤字だった。赤字は2年連続で大型車が好調な北米とは対照的な結果となった。一連のリストラ策で営業利益率6%への反転をめざす。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報