/

この記事は会員限定です

東証、優良企業にマネー誘導

上場絞り込み、「1部安住」にメス

[有料会員限定]

東京証券取引所が1部市場の上場企業数を絞り込むのは、優良企業にマネーを誘導する狙いがある。東証1部は企業数の肥大化に歯止めがかからず、優良企業と小粒で低収益な企業が混在する「玉石混交」の状態。それでも公的年金などが東証1部全体に資金を投じているという問題がある。1部の絞り込みには、日本人のおカネ、「国富」をうまく生かしていくという意味合いがある。

東証1部の企業数は2100社を超え、最上位の市場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン