深まる不信、成長置き去り 伊藤忠の敵対的TOB成立

2019/3/16 0:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は15日、14日に期限を迎えていたデサントへのTOB(株式公開買い付け)の結果を正式に発表した。応募数は買い付け目標の2.1倍に達し、デサント株の保有比率は3割から株主総会で重要事項を拒否できる4割に上昇。両社は近く、デサントの経営陣刷新などの協議を再開する。デサントは同日、「話し合いを再開したい」とのコメントを発表した。

大手企業同士で相手の合意がない敵対的TOBとしての成功例となっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]