/

この記事は会員限定です

ストライプ、レジ袋を紙製に 5月から有料化

[有料会員限定]

ストライプインターナショナル(岡山市)は15日、店頭でのレジ袋をプラスチック製から紙製に切り替えると発表した。5月1日から同社の国内全ブランドで順次導入する。環境配慮への対応を加速し、企業価値向上を目指す。

5月1日から「アースミュージック&エコロジー」など約30ブランドのレジ袋を紙製にする。国内の約1400店で段階的に進める計画。従来はプラスチック製の袋を導入していたが、切り替えて有料化する。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り206文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン