/

この記事は会員限定です

九州IPO 5割を支える会計士(探検!九州・沖縄)

監査法人トーマツ 只隈洋一パートナー(肖像)

[有料会員限定]

テノ.ホールディングス(HD)やグッドライフカンパニーWASHハウス。2018年までの3年で九州の新規株式公開(IPO)の5割に携わった会計士が只隈洋一(48)だ。監査法人トーマツのパートナーで、起業支援のデロイトトーマツベンチャーサポートの九州地区統括。「地方が衰退するなか、IPOの意義は働く場をつくること」。福岡の八百屋の息子は、家業とは違う形で九州の「台所事情」を支えている。

「承認が取り消しになりました」。18年9月18日夕、出張先の宮崎県で連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1429文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン