リッポー再生、創業家頼み インドネシア財閥

2019/3/15 19:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドネシアを代表する財閥リッポー・グループが創業家主導で立て直しに乗り出す。中核企業が創業家を含む既存株主を引受先とする新株発行などで10億ドル(約1100億円)を調達し、経営の重荷のドル建て債務を減らす。中核企業トップには創業者の孫ジョン・リアディ氏(33)をあてた。「所有と経営の分離」を掲げたが、汚職疑惑など企業統治の問題も抱え、創業家が前面に立たざるをえなくなった。

ジョン氏は中核企業の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]