新潟市、子育て応援パスで2町と連携

2019/3/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

新潟市は子育て世帯が買い物などをする際に特典を受けられる「子育て応援パスポート」の適用範囲を4月1日から広げる。新潟県聖籠町や田上町と連携し、同様の制度を相互に活用できるようにする。子育て支援策の一環で、子育て世帯の経済的な負担を軽くする。 子育て応援パスポートは中学生以下の子どもがいる保護者や妊婦が対象で、新潟市と2町の合計11万2千人に配られる。スーパーやドラッグストアといった約750の事業所が協賛し、パスポートを提示すれば商品の割引などが受けられる。

子育て支援を巡っては新発田市と胎内市も同様の連携に取り組んでいる。新潟市の担当者は「今後も他の自治体や事業者に理解を求め、子育て支援の輪を広げていきたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]