/

この記事は会員限定です

中部の航空機部品に動揺 「737MAX」運航停止拡大で

[有料会員限定]

米ボーイングの最新鋭小型旅客機「737MAX」の運航停止がほぼ全世界に拡大し、中部の航空機産業にも動揺が広がっている。中部のサプライヤーは機体を中心にボーイング向けの仕事が多い。事態が悪化すれば、各社の受注や地域経済に影響を与えそうだ。

「今は事故原因などの動向を注視するしかない」。ナブテスコの担当者は身構える。同社が岐阜工場(岐阜県垂井町)で生産するのは、航空機の主翼や尾翼に取り付けて飛行の傾きや高度など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン