中部の航空機部品に動揺 「737MAX」運航停止拡大で

2019/3/15 19:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ボーイングの最新鋭小型旅客機「737MAX」の運航停止がほぼ全世界に拡大し、中部の航空機産業にも動揺が広がっている。中部のサプライヤーは機体を中心にボーイング向けの仕事が多い。事態が悪化すれば、各社の受注や地域経済に影響を与えそうだ。

「今は事故原因などの動向を注視するしかない」。ナブテスコの担当者は身構える。同社が岐阜工場(岐阜県垂井町)で生産するのは、航空機の主翼や尾翼に取り付けて飛行の傾…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]