/

NY金先物が乱高下 英のEU離脱延期巡り

英のEU離脱延期方針を巡り、金融市場の混乱リスクを想定する動きがなお続く

金の国際価格の振れ幅が大きくなっている。英議会が日本時間15日未明、欧州連合(EU)からの離脱の延期をEUに求める政府動議を可決。「合意なき離脱」による経済混乱のリスクが後退したとして一度は下落した。その後は離脱の方向性に不透明な要素が残るとの見方から、再び買われている。

指標のニューヨーク先物は、日本時間15日時点の時間外取引で1トロイオンス1290ドル台と前日の終値比で1%程度下げた。その後1303ドル前後まで戻すなど値動きが荒い。

市場では今後の離脱方針を巡り混乱への警戒感が依然として残る。世界の金上場投資信託(ETF)が価値の裏付けとして保有する現物の残高は足元で1726トン前後。1月下旬から減少傾向にあったが、この数日で5トン程度増えた。野村証券の大越龍文氏は「先行きの不透明感から安全資産としての一定の需要増が読み取れる」と指摘する。リスクへの警戒感が当面の金価格を支えそうだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン