/

この記事は会員限定です

手続き電子化、将来は民間同士も 政府が法案閣議決定

デジタルファースト法案

[有料会員限定]

政府は15日、行政手続きを原則として電子申請に統一するデジタルファースト法案を閣議決定した。転居や法人設立などの申請をインターネット上で済ませられるようにするのが柱。利用者の手間が減り、行政の効率化につながる。政府は今回の法案を土台に、将来的には不動産契約など民間同士の手続きもネット上で済ませる改革も検討する。社会全体のデジタル化を進める方針だ。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン