2019年7月18日(木)

北朝鮮、非核化交渉の中断示唆 正恩氏が近く声明
外務次官が記者会見

2019/3/15 18:07
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=恩地洋介】北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は15日、平壌で記者会見し、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が米国との非核化交渉に関する声明を近く発表すると明らかにした。複数の海外メディアが伝えた。米国側の要求は受け入れられないとして交渉中断を表明する可能性がある。弾道ミサイル発射実験の中止を続けるかどうかを巡っても、近く金正恩氏が判断を示すという。

記者会見する北朝鮮の崔善姫外務次官(中)(15日、平壌)=AP

崔氏は一部の海外メディアや外交官を集めて記者会見した。タス通信によると崔氏は、2月末にハノイで開いた米朝首脳会談が物別れに終わった責任は米国側にあると主張。「我々はいかなる形でも米国の要求に譲歩する気はないし、このような交渉には関わりたくない」と強調した。AP通信によると「強盗のような米国の姿勢は状況を危険にさらす」と警告した。

崔氏は米朝再会談の直後にもハノイで記者会見したが、一般的に北朝鮮高官が海外メディア向けに会見対応するのは異例だ。北朝鮮の公式メディアは会談の「成功」を強調して報じており、機微に触れる会談の内容は内外を区別して扱う必要が生じたためとみられる。

崔氏は前回の会見と比べ、米との交渉継続に否定的な姿勢を明確にした。ミサイルや「人工衛星」を再び発射する可能性について「実験の猶予を続けるかどうかは金委員長の判断次第。近く決定するだろう」と述べた。

北朝鮮は2017年11月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を最後に、ミサイルによる挑発を中断している。米韓両政府は最近、平壌近郊のミサイル製造施設や東倉里(トンチャンリ)のミサイル試験場でみられる物資輸送などの動きを捉えている。米国をけん制するため、北朝鮮が再び緊張を高める手段を選ぶ可能性は否定できない。

崔氏によると、会談に先立って何千人もの軍関係者が核計画を放棄しないよう求める嘆願書を金正恩氏に送ったという。内部の反対が大きいため譲歩はできないと説明したかったようだ。崔氏は「米国は絶好の機会を投げ捨てた」とも話した。

ただ、崔氏は金正恩氏とトランプ米大統領の個人的関係は良好だとも指摘した。「両首脳の関係は依然良好で、不思議なぐらい波長が合う」と強調。会談では「北朝鮮代表団が現実的な提案を示し、トランプ氏は『米国は合意に達するため柔軟さを発揮できる』と語った」という。

会談に同席したポンペオ国務長官とボルトン大統領補佐官に対しては「敵対的で不信感を招く雰囲気にした」と嫌悪感をにじませた。崔氏の説明によると、米国側は合意をめざした文書の中で「北朝鮮が自らの核を再更新した場合、制裁を再開する」と条件を付けたうえで制裁解除の条項を盛り込もうとし、北朝鮮側も受け入れる用意があったという。AP通信によると記者会見は1時間近くにわたり、記者の質問は受け付けなかった。

菅義偉官房長官は15日の記者会見で、北朝鮮が米国との非核化交渉中断を示唆したとの報道について言及を避け「平素から北朝鮮に関する各種動向について重大な関心をもって情報収集、分析に努めている」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。