2019年8月20日(火)

餅米和菓子 品ぞろえ拡充 滋賀県菓子工業組合

2019/3/15 18:04
保存
共有
印刷
その他

滋賀県菓子工業組合(大津市)は県特産の餅米「滋賀羽二重糯(もち)」を原料にしたオリジナル和菓子「tae(たえ)」を拡充する。18日から販売を開始。品ぞろえを増やし、新たな土産物として育成する。

餅米を使った和菓子「taeシリーズ」

新商品は玄米をポン菓子にしてドライフルーツを添えた「星の粒」(税別500円)とドーナツ型のラスク「宵の波」(同350円)、ココア味のクッキー「忍の珠(たま)」(同)、もちのジャム「餅の恵」(同)。

いずれも小麦粉を使用しておらず、もちもちとした食感が特徴だ。県内の18店舗のほか、WEBショップ「滋賀の名品」でも取り扱う。

同組合は設立50周年を迎えた2017年に滋賀羽二重糯を使用したオリジナル商品「taeシリーズ」を企画。第1弾として新食感のもちプリン「湖(うみ)の餅」の販売を始めた。今回の新商品とあわせてシリーズで年間5万個の販売を目標にしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。