/

この記事は会員限定です

きしむコンビニFC経営 加盟店の負担軽減急務に

[有料会員限定]

コンビニエンスストアのフランチャイズチェーン(FC)事業モデルが岐路に立っている。深刻な人手不足や人件費高騰で24時間営業の維持に悩む店舗が増え、本部と加盟店オーナーとの対立が鮮明になった。事業モデルの持続性を保つために、加盟店の負担軽減策が急務になっている。

厚生労働省の労働紛争処理機関である中央労働委員会は15日、コンビニの加盟店主は労...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1117文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン