2019年3月24日(日)

天神3.8億円強奪主導役、二審は懲役12年 福岡高裁判決

九州・沖縄
社会
2019/3/15 17:35
保存
共有
印刷
その他

福岡・天神で2017年4月、金塊取引のための現金約3億8千万円が強奪された事件の計画を主導したとして、強盗致傷などの罪に問われた会社役員、東房義昭被告(45)の控訴審判決で福岡高裁(野島秀夫裁判長)は懲役13年とした一審・福岡地裁判決を破棄し、懲役12年を言い渡した。

野島裁判長は判決理由で「原判決に事実誤認は認められない」と指摘。被害者側に犯行を手引きする者がいて強盗の故意がなく、窃盗にとどまるとした弁護側の主張を「かなり疑わしい」として退けた。

また東房被告が4日付で被害者の男性が所属する企業の代理弁護人を通じて、2400万円の被害弁償を支払ったとして、「量刑が若干重すぎる」とし、一審判決を破棄して1年減刑した懲役12年を言い渡した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報