2019年6月25日(火)

ベイスターズ、ハマスタの新スタンド席など公開

2019/3/15 21:30
保存
共有
印刷
その他

横浜DeNAベイスターズは15日、増築工事中の横浜スタジアムを報道陣に公開した。ライト側に3500人分のスタンド観覧席、バックネット裏に500人収容の個室観覧席を新たに設けた。16日のオープン戦から利用を始める。収容人数は3万3千人に拡大し、飲食やグッズ販売の新店舗も設け、観客のさらなる取り込みを狙う。

まずはライト側に設けた(横浜市)

スタンド席は外野から内野にかけての観覧席の上部に設けた。最上階からはみなとみらいや横浜港などの景色も楽しめる。料金は一般の外野席と同額にする。個室観覧席はカーペットやソファで高級感を出し、法人利用を想定している。

新設した売店では選手寮で出すカレーをアレンジしたメニューやマグロ丼を提供するほか、崎陽軒とキリンビールが提携した店舗「ハマスタシウマイバル」も設置した。

ハマスタの18年シーズンの座席稼働率は97.4%で、年々高まっている。レフト側にも同様のスタンド席を20年2月までに設け、収容人数をさらに2500人増やす予定だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報