来たれ小学生、鉄道や玩具会社がプログラミング教室

2019/3/17 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

小学校のプログラミング教育が2020年度から始まる。教育大手の十分な準備が整わないうちに、玩具メーカーや家電量販店、鉄道会社などが教育ビジネス拡大の好機ととらえ、続々新規参入している。「とにかく通わせなければ」という保護者の戸惑いもプログラミング教室が急増する背景にある。

「先生、スペースキーを3回押したらロボがバックしちゃいます」「コードが間違っているのかな。確認してみようか」。3月初旬の週末…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]