/

サムスンバイオ家宅捜索 韓国検察、粉飾疑惑で

経営継承問題に波及の見方も

【ソウル=山田健一】韓国金融当局がサムスングループのバイオ医薬品受託製造会社「サムスンバイオロジクス」の粉飾決算を認定した問題で、韓国検察は15日までに同社や韓国取引所を家宅捜索した。地元メディアは検察が今後、サムスンバイオに対する捜査を本格化させると伝えた。サムスングループを率いる李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長への経営継承問題に波及するとの見方も一部にある。

検察がサムスンバイオを家宅捜索するのは2018年12月以来。ソウル中央地検の係官らが14日にサムスンバイオやサムスングループの建設会社、システム会社に入り、内部資料を押収した。検察は14日夜から15日にかけて韓国取引所も捜索した。

一方、サムスンバイオは15日、金泰漢(キム・テハン)社長らの名義で「過去に適時開示した資料を見直した結果、重要事項について記載漏れや虚偽の記載は無かった」と反論した。金融当局は昨年11月、同社の15年の会計処理を「故意の粉飾」と認定している。

サムスンバイオは同年に米製薬大手との合弁会社の株式評価を簿価から時価に変え、会計上の利益を計上したことが問題視されている。14年通期の決算が赤字だったサムスンバイオは15年通期に黒字転換。16年11月には韓国取引所に上場した。

財閥に批判的な革新系の市民団体などは「上場を目的に会計操作を実施した」と主張する。韓国取引所への家宅捜索は、サムスンの会計処理と株式公開の関連性の有無を調べる狙いとみられる。

サムスンバイオをめぐっては、李副会長がサムスン電子に対する支配力を強める結果となった、15年のサムスングループ2社の合併と結びつける見方も一部にある。合併した2社のうちの1社が当時、サムスンバイオの大株主で、同社の価値を高く見積もることが李副会長に有利に働いたとの見立てだ。

仮に検察が押収物の中から、李副会長の関与を示す資料をみつけるようなことがあればサムスン電子は大揺れになる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン