2019年6月17日(月)

[FT]米の孤立 事故機問題でも

エドワード・ルース
FT
FT commentators
2019/3/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トランプ米大統領が現実を受け止めるまでに約72時間を要した。まず中国、そして欧州連合(EU)が米ボーイングの新型旅客機「737MAX」の運航停止を決め、他の航空当局も続いた。米連邦航空局(FAA)はトランプ氏からの圧力を受けて踏みとどまっていたが、カナダも停止を決めたことで、米国はほぼ完全に孤立した。米国が主導してきた航空安全性の分野で、世界が米国の判断にノーを突き付けたのは異例のことだ。最終的…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

エドワード・ルース

FT commentators

ワシントン・コメンテーター

Edward Luce FTに入社後、1年休職し米ワシントンで当時の米クリントン政権の財務長官ローレンス・サマーズ氏のスピーチライターを務めた経験を持つ。2006~11年米ワシントン支局長を経て、現在は米政治を様々な局面から切る現職に。

    ソーシャルアカウント:

FT commentators

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報