/

この記事は会員限定です

女性学長1割どまり 男性優位の日本の大学

高橋裕子・津田塾大学長

[有料会員限定]

日本の大学では学長・副学長・学部長は圧倒的に男性が多く、男女平等とはほど遠い。津田塾大学の高橋裕子学長は大学の多様性確保のためにも女性人材の育成と活用が欠かせないと指摘する。

2016年の学長就任以来、出席する学長会議やセミナーで女性学長がいかに少ないか痛感している。このことだけをみても「ジェンダーギャップ指数2018」(世界経済フォーラムが公表する男女格差の指標)が149カ国中110位の社会で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2330文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン