IoT機器、自前で開発しやすく 6社がモジュール

2019/3/15 16:00
保存
共有
印刷
その他

コンピューター関連機器開発のアットマークテクノ(札幌市)など6社は15日、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」機器を手軽に開発できるプロジェクト「Degu(デグー)」を発足すると発表した。センサーや通信機器、クラウド環境をそろえており、利用企業がIoTシステムを時間をかけず簡単に構築できるようにした。

アットマークテクノとSeeed(名古屋市)が開発したネットワーク機器(左)とセンサー機器

IoTプロジェクト「Degu(デグー)」を発足した各社などのメンバー

センサーの種類や通信設定、データの分析方法を利用企業が自由に選べる。200種類以上のセンサー群から必要なものを選び、モジュール(複合部品)に搭載する方式だ。モジュールは通信用のチップ部品やセキュリティー技術を備える。

センサーや通信を制御するプログラムはオープンソースのソフトウエアで設計できる。ソフト開発者向けツール「GitHub(ギットハブ)」で公開し、経験が浅いエンジニアでも開発しやすいように工夫した。

収集したデータは米アマゾン・ドット・コムのクラウド「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」上で分析する。

同社の日本法人であるアマゾンウェブサービスジャパン(東京・目黒)テクノロジーパートナー本部の阿部泰久本部長は「AWS上の人工知能(AI)を活用し、データ分析の精度を高められる」と説明した。

農業分野で温度や湿度のデータから最適な散水量をAIで判断したり、工場の生産ラインに適用して効率を高めたりといった用途を見込む。

プロジェクトには6社が参加した。アットマークテクノや電子機器のSeeed(名古屋市)がセンサーやネットワーク機器を供給する。

無線通信モジュールはノルウェーの半導体メーカー、ノルディック・セミコンダクターと電子部品の太陽誘電が開発した。セキュリティー機能はオランダの半導体大手、NXPセミコンダクターズの技術を採用する。センサーや通信機器の販売をコアスタッフ(東京・豊島)が担当する。

4月10日にセンサーのスターターキットを発売し、IoTシステムの構築を支援する。顧客の要望に応じたIoTセンサーを量産できる体制も整える。

(佐藤雅哉)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]