Jトップ 工場排水の浄化装置、インドネシアで採用
地域発 世界へ

2019/3/17 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

排水処理装置を手掛けるJトップ(大阪府和泉市)がアジアを開拓している。2018年にインドネシアの繊維工場に活性炭を使う装置を納入、中国への進出もうかがう。環境問題への関心が高まっている新興国では浄化技術のニーズが高まるとみられる。維持費の安さを訴えて受注を狙う。

インドネシアの西ジャワ州を流れるチタルム川。18年、その流域にある現地の繊維大手2社の工場に、Jトップの排水浄化装置が導入された。

チ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]